知財経営の実践(その5)特許情報

知財を経営に活かす=「知財経営」の実践
についての連載を開始しました。
特許情報には、公開特許広報と特許広報があります。
公開特許広報には、基本的に特許出願の日から1年6カ月で
全ての特許出願が公開されます。
なかには、特許とならないものも含まれています。
膨大な情報で玉石混交ですが、最新の技術動向を調べる上では、
特に有効です。
特許広報は、特許庁の審査を経て、特許となったものが掲載されます。
権利情報として有効です。

関連記事

  1. 知的財産権講座第318回:公表していない著作物を保護したい
  2. 知的資産経営第19回:知的資産経営に行政書士は、どのように関与で…
  3. 知的財産権講座第73回:特許出願の拒絶理由通知への対応(2)
  4. 知的財産権講座第326回:システム開発委託契約を結ぶ時の注意点
  5. 知的財産権講座第100回:著作権の権利調査・処理
  6. 知的財産権講座第312回:著作権に関する行政書士の業務
  7. 知的財産権講座第242回:スマートフォンの外形デザインは著作物で…
  8. 知的財産権講座第121回:著作者と著作権者の違い

最近の記事

PAGE TOP