「婚前契約書」の作成

「婚前契約書」の作成は、行政書士の業務ですよね
ご質問というか、確認がありました。
私は「婚前契約書」を、知りませんでした。
婚前契約書の作成を扱っている
行政書士さんはいました。
この業務を扱っている方は、少ないようです。
婚前契約(こんぜんけいやく)とは、結婚をする前に
結婚に関する取り決めをしておき、契約書・覚書を
作成しておくこと。
その書は「婚前契約書」のほか「婚前同意書」
とも呼ばれる。
日本ではあまり一般的な習慣ではないが、
夫婦共有財産の範囲を厳密に決める傾向のある
ヨーロッパなどの一部の文化圏では、
広く行われている。
行政書士の取り扱える業務は、非常に
多いので、知らない業務がありました。
勉強になりました。
あと私の知り合いは、司法書士と
行政書士の業務の区別が
わかりませんでした。
ふつうの人は、そんな感じなのかも
しれません。
私も、会計士と税理士の違いは、
よくわかりません。
例えば、私の専門業務は、会社設立です。
それ以外の相続・遺言業務は、受付けません。
ということには、ならないでしょう
専門分野は深めるけど、その他の分野
も知っておく。
どうにも手に負えない場合は、その分野の専門の方を、
依頼者に紹介するという形になるかと思います。

 

 

契約書作成は、行政書士立花技術法務事務所へ

関連記事

  1. 特に中小企業には契約書作成ができる人は少ない
  2. フリーランス(個人事業)が注意すべき下請法
  3. 自分の専門の他に第2の武器を身に着ける
  4. エステサロン開業者は、大切なお客様です
  5. 英語ができないと生き残れない行政書士
  6. 間違いだらけの専門家の選び方
  7. 秘密保持契約で注意すべき点
  8. 契約書作成、相手を信用してはいけない

最近の記事

PAGE TOP