知的財産権講座第270回:コンピュータプログラムは著作権で保護される?

コンピュータプログラムは著作権で保護される?

著作物とは何でしょうか

著作権法10条に具体的に規定されています。

 

多くの人が、イメージする文芸、学術、美術又は音楽
に関するものが著作物として規定されています。

これは、著作物にイメージと違うと
感じられるもの、誤解が生まれやすい
ものがあります。

コンピュータプログラムは著作物か

これは、最初は私が違うのかな
と思ったものです。

コンピュータプログラムは、
技術的なアイデアという発明という
イメージが強くありました。

文字で自分の個性を表現した小説が
著作物なら、
プログラム言語で書かれた
コンピュータプログラムも
著作物になるわけです。

もちろん、コンピュータプログラムは、
著作権だけでなく、発明として特許で
保護される場合もあります。

コンピュータプログラムは、特許と著作権の
双方での保護を考えてみるのがよいです。

関連記事

  1. 知的財産権講座第292回:侵害品の輸入差止
  2. 行政書士が知的財産権の仕事ができる
  3. 知的財産権講座第78回:特許出願の拒絶査定に不服がある場合
  4. スパイ活動?
  5. 知的財産権講座第125回:著作権者が死亡した場合は?
  6. 知的資産経営その22(知財活用の種類)
  7. 知的財産権講座第154回:知っておくと役立つ特許の話
  8. 知的財産権講座第317回:著作者不明の著作物を利用したい

最近の記事

PAGE TOP