メルマガを発行するのに知っておくべき法律

メルマガを発行し、顧客に宣伝し、販売に
つなげるというマーケティング手法
は、
いまや一般的なものとなっています。

そこで、
メルマガの配信に当たってのルール
があることをご存知でしょうか

それは、
特定電子メール法です。

 メルマガを発行する際には、
最低限のルールを頭に入れておかないと
、取り返しのつかないことになります。

 特定電子メール法です。

 特定電子メール法については、行政書士試験の
一般常識
で学びました。

今思えば、実務にも意外と役立つ知識でした。

 メルマガを発行する際には、
最低限のルールを頭に入れておかないと
、取り返しのつかないことになります。

メルマガを読者に送信する際には、
相手の同意を得なければなりません。

 この方式は、「オプトイン」と呼ばれています。

 「メルマガを送信してもらっていいよ」
とういう人にだけメルマガを送信できます

しかし、この事前の同意が必要ない場合も
あります。

あなたが、異業種交流会などで、メールアドレス入り
の名刺を渡した場合です。

この場合は、法律上は、あなたが名刺を
渡した相手は、あなたにメルマガを
送信してもよいのです。

 また、インターネット上で、メールアドレスを公表
している団体、または営業をしている個人の場合です。

名刺交換した相手からいきなり無断で
メルマガを送信されてきたらよい
印象は持たないでしょう。

 やはり、法律上は問題ないとしても
マナーとして名刺交換した相手に無断で
メルマガを送信しない方がよいと
思います。

関連記事

  1. 他人に理解させる努力
  2. 知的財産権講座第93回:外国出願の補助金制度を使う
  3. 知的財産権講座第31回:著作権の侵害
  4. 知的財産権講座第237回:特許調査の目的
  5. もうけの花道
  6. 知的財産権講座第107回:座談会の内容の著作者は誰か?
  7. 知財経営の実践(その6)特許調査
  8. 知的財産権講座第323回:ほんとは怖いのか?TPPの「著作権」①…

最近の記事

PAGE TOP