知財経営の実践(その6)特許調査

知財を経営に活かす=「知財経営」の実践
についての連載を開始しました。
強みが技術にある場合は、関連特許の調査(特許調査)をすることが必要です。
強みが技術にあるとして、技術開発をした後で、他社から特許侵害であると訴えられたら、
開発した製品を発売できません。

 

また、技術開発費用が無駄になるなど損失が大きくなります。
自社の技術を特許により保護できるのか、他社を牽制できるのか、
他社の市場参入を抑制できる障壁をつくれるのか・・・など
特許調査により確認することができます。
知財を経営に活かす知財経営においては、
過去の関連特許の調査(特許調査)が重要となります。

 

関連記事

  1. 知的財産管理技能士の活躍する場所
  2. 行政書士が知的財産権の仕事ができる
  3. 知的財産権講座第125回:著作権者が死亡した場合は?
  4. そんなに安い費用では特許出願はできません
  5. 知的財産権講座第245回:著作権登録のメリットは?
  6. 知的財産権講座第300回:コンピュータ・プログラムの登録も行政書…
  7. 知的財産権講座第95回:特許権は売買できる
  8. 知的財産権講座第119回:著作権を許諾なく利用できる場合

最近の記事

PAGE TOP