知的財産法Q&A(商標法)

:商標法は何のためにあるのでしょうか?

A:商標に化体した業務上の信用を保護するためです。

商標(ブランドのマーク)は、使用され信用

が蓄積されることで保護すべき価値が生じます。

商標法では「使用」がキーワードになります。

使用の意思があれば、商標出願ができます。

使用されることにより、識別力が生じれば

商標登録され得ます。

一定期間、商標を使用しない商標は
取り消される場合があります。

商標を不正使用すると取り消される場合

があります。

関連記事

  1. 知的財産権講座第111回:なんと無断でデザインを変更された!
  2. 知的財産権講座第70回:会社の従業員等が発明した場合(2)
  3. 知的財産権講座第328回:秘密保持契約を結ぶお手伝いをします
  4. 知的財産権講座第315回:日本の生きる道は知的財産権しかない
  5. 知的財産権講座第314回:知的財産権の流通を支援する
  6. 知的財産権講座第316回:著作権契約書の作成代行
  7. 知的財産権講座第273回:特許調査のノウハウとは?
  8. なぜ知的財産活用プロデューサーになったのか?

最近の記事

PAGE TOP