知的財産法Q&A(商標法)

:商標法は何のためにあるのでしょうか?

A:商標に化体した業務上の信用を保護するためです。

商標(ブランドのマーク)は、使用され信用

が蓄積されることで保護すべき価値が生じます。

商標法では「使用」がキーワードになります。

使用の意思があれば、商標出願ができます。

使用されることにより、識別力が生じれば

商標登録され得ます。

一定期間、商標を使用しない商標は
取り消される場合があります。

商標を不正使用すると取り消される場合

があります。

関連記事

  1. 知的財産権講座第323回:ほんとは怖いのか?TPPの「著作権」①…
  2. 知的資産経営その50(社内人材の育成)
  3. 知的財産権講座第94回:特許権のライセンス
  4. 知的財産権講座第129回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  5. 知的財産権講座第96回:特許権のライセンス料について
  6. 知的財産権講座第106回:著作者になるには、どうすればよいのか?…
  7. 著作権登録手続きは行政書士しかできない
  8. 知的財産権講座第80回:緊急の特許出願の場合

最近の記事

PAGE TOP