知財法務と技術に関する豊富な実務経験から最善の解決方法をご提案 神奈川県大和市中央林間 行政書士 立花技術法務事務所

●新規の取引先との事業を始めたい。
●新しい技術や商品を自社のビジネスに取り入れたい。

これらの場合、契約書作成や契約書にサインする際にこれでいいのだろうか?

新しいビジネスモデルを思い付いたけど、特許は取れるだろうか?

新規事業への参入を考えている、困ったときに専門家の意見が欲しい。
コストダウンのためのアイデアが欲しい。

行政書士 立花技術法務事務所では、これらの課題に対して豊富な法律知識と技術に関する実務経験から、最善の解決方法をご提案します。

・契約書の作成・リスク診断
・知財コンサルティング
・技術コンサルティング

なら、神奈川県大和市中央林間、行政書士 立花技術法務事務所にお任せください。

お知らせ

  1. 「知財経営の実践」の記事の連載(第50回)最終回
  2. 「知財経営の実践」の記事の連載(第49回)
  3. 「知財経営の実践」の記事の連載(第48回)
  4. 「知財経営の実践」の記事の連載(第47回)特許権と企業経営
  5. 「知財経営の実践」の記事の連載(第46回)
  6. 「知財経営の実践」の記事の連載(第45回)知財コンサルティング
お知らせ一覧

ブログ記事

知的資産経営について、知的財産権についてなど。 ブログ記事にて詳しく解説しています。

PAGE TOP