知的財産権講座第271回:事実の報道は、著作物ですか

事実の報道は、著作物ですか

 

著作物は「思想又は感情」に関する
ものです。

事実を伝える報道、新聞記事は著作物では
ないのでは
例えば昨日、北朝鮮で軍事パレードがありました。
もし、これが事実のみを伝えているのであれば、
確かに著作物ではありません。

 

「事実の報道にすぎない雑報及び時事の
報道は・・・著作物に該当しない」
著作権法10条

しかし新聞記事には事実に何らかの記者の
推測や意見が加わっているのが普通です。

したがって、一般的には新聞記事は、
著作物であるということになります。

著作物とは、
「思想又は感情を創作的に表現したもの
であって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に
属するもの」著作権法2条1項1号
と定義されています。

関連記事

  1. 知的財産権講座第234回:パブリシティ権
  2. 知的財産権講座第10回:特許調査
  3. 知的財産権講座第85回:知財と条約 パリ条約(1)
  4. 知的財産権講座第214回:著作権の侵害では?
  5. 知的財産権講座第200回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  6. 知的財産権講座第141回:商品のネーミングを商標で守ることが大切…
  7. 知的財産権講座第238回:意匠権とは?
  8. 開発技術者時代の特許調査とは?

最近の記事

PAGE TOP