知財経営の実践(その4)SWOT分析

知財を経営に活かす=「知財経営」の実践
についての連載を開始しました。

知財経営の実践(その4)SWOT分析

自社の強みを分析してみる手法として、SWOT分析を利用してみましょう。

SWOT分析とは、企業の強み(Strength)、弱み(Weakness)、

機会(Opportunity)、脅威(Thread)について分析し、

評価を行う手法です。

強みと弱みは、主に企業の内部要因を分析(内部環境分析)、機会と脅威は、

企業の外部要因の分析(外部環境分析)を行うものです。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第195回:パクリデザイナーと言われないために
  2. 司法書士との連携が必要かつ重要です
  3. 知的財産権の知識は、全業種で必要です!
  4. 知的財産権講座第66回:特許を受けるために必要な書類
  5. 知的資産経営その4
  6. 知的財産権講座第213回:登録商標の使用
  7. 知財コンサルタントに求められること?(2)
  8. 知財経営の実践(その2) 専門家の利用

最近の記事

PAGE TOP