100万円以内の特許情報分析の提供が無料

国家資格の知的財産管理技能士は、
試験合格だけで、

会費の無料で、知的財産管理技能士会に
入れます。

知財技能士会ニュースレターが、私の
ところにメールで送られてきます。

その中から、一部を紹介します。

中小企業にとって、特許調査の費用は高く
て、負担できません。

そこで、支援策・補助金を活用すれば、
100万円以内の特許情報分析の提供が
無料になります。

これは、中小企業にとって、日本の産業界の発展
にとって、よい施策です。

知的財産権は、重要です。

自分の財産は、自分で守るしかありません。

【支援策・補助金】特許庁支援策のご紹介
パテントマップ無料作成/模倣品被害調査・摘発/冒認商標対策

特許庁が実施する中小企業向けの支援策の一部で
募集が開始されています。

知財を経営に活かすにあたり支援が必要な方、
自社の知財を守ることに困りごとがおありの方は、
活用してください。

【パテント・マップなどの無料作成(特許情報分析活用支援事業)】
研究開発や特許出願の方向性を導くことができる
特許情報の分析(パテント・マップ作成など)を支援します。
100万円以内の特許情報分析の提供が無料になります。
http://s.ip-edu.org/ip-bunseki

 

関連記事

  1. 知的資産経営その44(外部専門家から知財の支援を受ける)
  2. 知財の仕事の内容は何?
  3. ホームページの著作権は誰のものか?
  4. 知的財産権講座第43回:商標権
  5. 知的財産権講座第191回:著作権法のポイント
  6. 知的財産権講座第249回:著作権と所有権の違い
  7. 知的財産権講座第121回:著作者と著作権者の違い
  8. 「知財国際行政書士」になる

最近の記事

PAGE TOP