私は何をしてきたのか?

私は、今まで、仕事は何をしてきたか?

私は、何ができるか?

区切りをつける意味で、自分自身の棚卸を
しています。

私は、熟年世代ですから、これからの人生を
どうように生きるのか考えたいからです。

私の専門は、化学です。

材料技術だけでなく加工技術と製造技術の開発、
市場調査、品質管理、商品企画などの
幅広い分野へに取り組んできました。

新製品の企画から、開発、生産までの
包括的なサポートをして業界初の新製品を
事業化しました。

技術分野の特許明細書作成、中間処理、
特許調査、文献調査、特許出願推進、
特許侵害訴訟などに長く従事しました。

知的財産権を事業経営に活かすことも
出来ました。

法律との関わり、興味を持ったのは
特許、商標の仕事をしたからです。

法律系の資格として、行政書士の資格を
目指すことにしました。

関連記事

  1. 知的資産経営第17回:中小企業が知的資産経営を導入するメリット
  2. 知的資産経営第15回:知的資産経営と行政書士の役割
  3. 知的資産経営第28回:知財経営導入で増える利益額は?
  4. 知的財産権講座第11回:パリ条約
  5. 「知財経営の実践」の記事の連載(第2回)
  6. 知財経営の実践(その7) 特許出願とノウハウの保護
  7. もうけの花道
  8. 知的財産権講座第28回:著作権の利用

最近の記事

PAGE TOP