大量のお仕事の依頼がきました

特許庁の度技術動向調査案件
の依頼がきました。

期間は、10月から12月

調査件数:①特許文献 60,000件程度
(国内:25,000件、外国:35,000件)

②論文 20,000件程度

調査テーマ:マル秘

特許調査は、技術動向調査、特許が無効であるか
どうかの調査です。

PC端末で特許を検索し、内容を検討して、
その結果を依頼者に報告することが仕事です。

さすがに調査件数が、8万件と多いので、
何人かで、分担します。

この仕事は、初めてなので、

はたして副業として、こなせるかどうか?
一抹の不安はあります。

説明会が、近々あるようなので、
詳細は、その時に確認します。

関連記事

  1. 知的財産権講座第27回:著作権の利用
  2. 「知財経営の実践」の記事の連載(第24回)
  3. 知的財産権講座第107回:座談会の内容の著作者は誰か?
  4. 知的財産権講座第250回:正しい著作物の引用のやり方
  5. 情報はずっと商品だった
  6. 知的財産権講座第184回:ブログの記事の知的財産権は誰のもの?
  7. 知的財産権講座第289回:著作権の侵害かどうか?
  8. 行政書士の仕事は実に幅広い

最近の記事

PAGE TOP