知的財産権講座第148回:知っておくと役立つ著作権の話

著作権を取りたいので、登録を考えています。

どうしたらいいでしょうか

著作権は、著作物を制作した時点で
自動的に発生します。

これは、国際的にも認められた規則です。
外国でも、著作権は審査、登録なしで
発生します。

著作権は、審査は無し、登録を受ける必要無し。
権利を維持するための費用も不要です。

一方、特許権や商標権は、審査を受けて
登録を受け、登録料を払わなければなりません。

さらに、権利を維持するためには、
年金を払い続けなければなりません。

特許権や商標権などを取るということが
頭にあるのか、
意外と「著作権を取りたい」
と勘違いされる人が多いです。

著作権は、特許権などと同じく独占的な権利で、
他人は無断で使用できません。

他人が無断で、著作権を使用すれば著作権
の侵害として訴えられます。
ある意味、強力な権利です。

著作権は簡単に権利が発生し、費用も
かからずコストパフォーマンスの良い権利
とも思えます。

関連記事

  1. 知的財産権講座第106回:著作者になるには、どうすればよいのか?…
  2. すべて時給換算でとらえましょう
  3. 知的財産権講座第289回:著作権の侵害かどうか?
  4. 知的財産権講座第235回:著作物とは何でしょうか ?
  5. 特許調査には助成金を利用する
  6. 知的財産権講座第61回:発明の新規性
  7. 知的財産権講座第51回:不正競争防止法
  8. 知的財産権講座第81回:特許出願を公開する理由

最近の記事

PAGE TOP