知的財産権講座第300回:コンピュータ・プログラムの登録も行政書士の仕事

コンピュータ・プログラムの登録も行政書士の仕事

 

コンピュータ・プログラムを作りました。

苦労し手開発したプログラムを他人に
マネされたくないですね。

何とか保護したい。

どうしたらよいでしょうか

コンピュータープログラムは、特許法による
保護だけでなく、著作権法によっても
保護されています。

いずれもプログラムを保護する権利ですが、
両者は異なった側面からプログラムを
保護しています。

 

特許法では、プログラムの基となる技術的
「アイデア」が保護されます。

 

しかしアイデアを実現するためのプログラムは
一つとは限りません。

 

いろいろなプログラムがあります。

著作権で保護されるプログラムは、
完成したプログラムそのものです。

 

結論として、開発したプログラムを保護
するには、

コンピュータープログラムに関する
新しいアイデアを保護するためには
最初に特許出願を行い、特許権を
取得することがお勧めします。

 

次に、そのアイデアに基づいたプログラム
についての著作権で保護する
ことをお勧めします。

 

プログラム登録をされることをお勧めします。

プログラム登録は、行政書士の仕事です。

知財戦略=知的財産によって競争力を確保、会社を伸ばすための戦略
をお伝えします。

知財コンサルティングや知財に関するご相談は、
知財法務と技術に関する豊富な実務経験から最善の解決方法をご提案
神奈川県大和市中央林間 行政書士 立花技術法務事務所へ

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第247回:特許ライセンスとロイヤルティ
  2. 知的財産権講座第77回:特許出願の拒絶査定が送付された場合
  3. 知的財産権講座第86回:知財と条約 パリ条約(2)
  4. 知的資産経営その42(業種ごとの戦略)
  5. 知的財産権講座第109回:小説の映画化で注意すべきこと
  6. 知的財産権講座第259回:知的財産制度を悪用
  7. 知的財産権講座第263回:特許法は何のためにあるか?

最近の記事

PAGE TOP