私は知的財産活用プロデューサーです

自分の価値を1秒で伝える肩書を考えました。

会社なら会社の代表取締役、○○部長など
の役職です。

行政書士、経営コンサルタントもあります。

だたし、これですと、あなたの独自の価値が伝わりません。

私の肩書は?

以下を考えました。

知的財産活用プロデューサー

知的財産活用

専門性は、知的財産のビジネスへの活用

特許、商標、著作権などの知的財産権の専門家

であることがわかります。

プロデューサー

コンサルタントも頭に浮かびましたが、
相談にのるだけだなく、顧客と一緒に
知的財産権のビジネスへの活用を考えて
創り上げていくという意味です。

なお、行政書士という名称は使っていません。
行政書士は、弁護士や税理士ほど一般の人
に知られていないからです。

見込み客に独自の価値が伝わるようにしたいと
思っています。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第145回:知っておくと役立つ特許の話
  2. 知財人材データベースの活用を考える
  3. 知的財産権講座第159回:知っておくと役立つ特許の話
  4. 知的財産権講座第306回:肖像権にも、ご注意を!
  5. 知的資産経営その34(特許網をつくる)
  6. 知的財産権講座第220回:著作権法上の契約のポイント
  7. 知的財産権講座第271回:事実の報道は、著作物ですか
  8. 知的財産権講座第65回:サブマリン特許を生んだ先発明主義

最近の記事

PAGE TOP