特許や商標などの手続をしてもらえますか?

特許や商標などの手続をしてもらえますか
このような依頼があります。

出願から権利化までの手続は弁理士の
独占業務ですから、
行政書士は取扱えません。

行政書士は出願前の調査や発明相談・
ネーミング相談、
権利化後のロイヤリティ契約や
権利移転の手続などを行います。

こういうところの区別は、一般の人には
わかりにくいです。

行政書士の業務と他の士業、司法書士、
社会保険労務士、税理士などの独占業務の区別は、わかりにくいです。

 

出願や権利紛争については適当な
弁理士・弁護士を紹介することも
できますから、
お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 知的財産権講座第149回:知っておくと役立つ著作権の話
  2. 知的財産権講座第52回:著作権
  3. 知的財産権講座第208回:特許権の活用
  4. 知的財産権講座第127回:特許発明のライセンス契約でのトラブル
  5. 知的財産権講座第105回:特許調査結果から
  6. 知的財産権講座第10回:特許調査
  7. 知的財産権講座第298回:TPPと著作権問題を考える
  8. 行政書士は知的財産権も業務なの?

最近の記事

PAGE TOP