知的財産権講座第234回:パブリシティ権

パブリシティ権

写真家の撮影したモデルさんの
写真を無断で掲載した場合、
写真家の持つ著作権の侵害になります。

その写真家に撮影されたモデルさん
は、どのような権利を持つの

私のブログの読者なら、ご存知かと
思います。

モデルさんには、著作権はありません。

「パブリシティ権」を持ちます。
知識として知っておきましょう

モデルさんが、歌手のスマップでも
写真の被写体としての権利は、
パブリシティ権です。

私がしつこく、言うのは、著作権の講座で講師を
している時に、著作権と勘違いされている方
がいたからです。

パブリシティ権は、
「芸能人や著名人などが、顧客吸引力
を持つ氏名・肖像を営利目的で
独占使用できる権利」です。
明文の規定はなく、判例上認められ
つつあります。

 

どうしても、モデルさんの写真を使いたければ、
その写真家の許諾を得ると、同時にモデルさん、
ふつうはモデルさんの所属の事務所の許諾も
得る必要があります。

著作権以外の周辺の権利にも
気を付けなければなりません。

関連記事

  1. 著作権登録の手続き
  2. 知的財産権講座第191回:著作権法のポイント
  3. 知的財産権講座第328回:秘密保持契約を結ぶお手伝いをします
  4. 知的財産権講座第214回:著作権の侵害では?
  5. 知的資産経営その31(商標権活用戦略)
  6. 知財国際行政書士とは?
  7. ホームページの著作権は誰のものか?
  8. 知的財産権講座第202回:誰にでもわかる知的財産権

最近の記事

PAGE TOP