専門用語を使ってはいけない

専門用語を使わないで、一般の人に
知的財産権について説明する。

その方が、ブログのアクセス数が増える。
多くの人に読んでもらえる。

確かに、難しい専門用語ばかりだと
読みにくいと思います。

対象とする読者が、誰であるか?

読者は、どんなことに興味があるのか?

これによって、ブログに書く内容が違ってきます。

私の場合、わかりやすく身近に知的財産権について
知ってもらいたいと考えています。

知的財産権の活用こそ、人口が今後減っていく日本、
資源の無い日本にとってますます成長発展のカギ
として重要だからです。

自分のブログの内容を、わかりやすく専門用語
を、できるだけ使わないようにしていきたい
と思っています。

これは、難しいことですが挑戦してみます。

関連記事

  1. 知的財産権講座第101回:著作権の存在事実証明
  2. フリーランスとしての特許調査の仕事
  3. 知的財産権講座第323回:ほんとは怖いのか?TPPの「著作権」①…
  4. 素人に仕事を依頼したいですか?
  5. 知的財産権講座第172回:中国での商標権の売買
  6. 知的財産権講座第194回:コンピュータ・プログラムは著作権でも保…
  7. 知的財産権講座第23回:特許権侵害
  8. 知的財産権講座第254回:著作権の相続も重要

最近の記事

PAGE TOP