知的財産権講座第223回:日本人で初めて外国特許を取得した人は?

日本人で初めて外国特許を取得した人は?

 

明治16(1883)年に日本人で初めて米国の特許を取得した
人物である平山甚太

「花火」の発明で、特許を取得したとのことです。

※参考:横浜市立図書館
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/digitalarchive/hirayama.html

花火は、外国のものより、日本のもの綺麗だと
感じていました。

やはり、技術的に優れたものがある
伝統があるもののようです。

特許を海外で取得して、事業に結び付ける
ことを明治の初期に考えていたとは
驚きです。

平山のとった海外事業戦略の素早さは、
現代の日本におけるグローバルビジネスの
パイオニアといえるでしょう。

関連記事

  1. 知的財産権講座第321回:商標(ブランド)も行政書士の業務です
  2. 今日は特許侵害訴訟の打ち合わせでした
  3. 知的財産権講座第260回:著作権の侵害?
  4. 開発技術者時代の特許調査とは?
  5. 知的財産権講座第198回:著作権の登録
  6. 知的財産権講座第238回:意匠権とは?
  7. 知的資産経営第13回:老舗の和菓子屋さんの知的資産
  8. 知的財産法Q&A(商標法)

最近の記事

PAGE TOP