知的財産権講座第59回:知財検定

知的財産権講座も、第59回を迎えました。

 

そこで、知的財産権を学ぶ意味について、
再び考えてみました。

知的財産権の知識は、あらゆるビジネスにおいて
必要かつ重要だと思います。

特許、商標などと無縁の会社は無いといっても
よいでしょう。

知的財産権の知識は、社会人にとって常識です。

知的財産権の知識は、
特に経営者や、管理職にとっては、重要な知識です。

では、知的財産権の知識を身に付ける方法は?
やはり資格試験である知財検定に合格することが
よいと思います。

しかも、
会社によっては、知財検定に合格すると、給与が
増えるという恵まれたところもあります。
知財検定合格による資格手当ですね。

こうなると、知財検定合格を目指すしかないですね。

関連記事

  1. 知的財産権講座第8回:特許と意匠
  2. 知的財産権講座第121回:著作者と著作権者の違い
  3. 開発技術者の時代を振り返る
  4. 知的財産権の知識は、全業種で必要です!
  5. 知的財産権講座第259回:知的財産制度を悪用
  6. 知的資産経営その44(外部専門家から知財の支援を受ける)
  7. 知的財産権講座第198回:著作権の登録
  8. 知的資産経営第15回:知的資産経営と行政書士の役割

最近の記事

PAGE TOP