知的財産権講座第59回:知財検定

知的財産権講座も、第59回を迎えました。

 

そこで、知的財産権を学ぶ意味について、
再び考えてみました。

知的財産権の知識は、あらゆるビジネスにおいて
必要かつ重要だと思います。

特許、商標などと無縁の会社は無いといっても
よいでしょう。

知的財産権の知識は、社会人にとって常識です。

知的財産権の知識は、
特に経営者や、管理職にとっては、重要な知識です。

では、知的財産権の知識を身に付ける方法は?
やはり資格試験である知財検定に合格することが
よいと思います。

しかも、
会社によっては、知財検定に合格すると、給与が
増えるという恵まれたところもあります。
知財検定合格による資格手当ですね。

こうなると、知財検定合格を目指すしかないですね。

関連記事

  1. 知的資産経営第18回:中小企業が知的資産経営を導入するメリット
  2. 知的資産経営第19回:知的資産経営に行政書士は、どのように関与で…
  3. 知的財産権講座第241回:台湾で「さぬき」商標登録無効
  4. 知的資産経営その15
  5. 知的財産権講座第137回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  6. 知的財産権講座第279回:だまされないで!著作権登録
  7. 知的財産権講座第126回:著作権法の対象とは?
  8. 知的財産権講座第108回:映画の著作者は誰か

最近の記事

PAGE TOP