知的財産権の知識は、全業種で必要です!

知的財産管理技能検定は、国家試験で、
その合格者は、国家資格「知的財産管理技能士」
を称することができます。

知的財産管理技能検定を推奨(*)・評価している主な企業
*「推奨」=受検料補助、合格報奨金付与、資格手当給付等
を実施している企業、と定義。

知的財産管理技能検定・受検申込者数の多い企業100社
については、
知的財産教育協会のホームページに掲載されています。

http://www.kentei-info-ip-edu.org/exam_kekka_kigyou100#kigyou

情報・通信・サービス、各種メーカー、建設、電力・ガス、
陸運、商業・商社、金融・証券・保険と幅広い業種です。
ほぼ、全業種と言ってよいです。
これは、私も驚きました

知的財産権の知識は、知財担当者のみならず、
経営者や経理担当者、研究開発・商品開発担当者、
営業担当者まで、幅広い職種で必要
なものです。

行政書士、中小企業診断士、FP技能士などの
方も、知的財産権の知識は、必要だと思います。

関連記事

  1. 知的財産権講座第306回:肖像権にも、ご注意を!
  2. 知的財産権講座第113回:歌手やダンサーは著作隣接権を持ちます
  3. 知的財産権講座第33回:著作権
  4. 知的財産権講座第66回:特許を受けるために必要な書類
  5. 行政書士は、こんなこともします
  6. 知的資産経営その33(商標出願の手続き)
  7. 知的財産権講座第305回:著作権の専門家は?
  8. 知的財産権講座第72回:特許出願の拒絶理由通知への対応(1)

最近の記事

PAGE TOP