外国特許弁護士との交流

外国との特許訴訟やライセンス交渉と
なると、土日もありません。

特許関係の仕事は、期限がしっかりと
決まっているものが多いからです。

アメリカの依頼先の特許弁護士からの
メール
にも、
「休日に仕事しているとは、私達はクレージーだね
と書かれていました。

アメリカにも勤勉な特許弁護士はいます。

今度、日本に彼が来た際には、焼鳥で酒を ですね。

外国特許弁護士との交流は、重要です

関連記事

  1. 知的財産権講座第139回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  2. 知的財産権講座第174回:商標管理の相談
  3. 知的資産経営その2
  4. 知的資産経営第40回:脅威のアジア企業‎に対抗する手段は?
  5. 知的資産経営第12回:新規のビジネスモデルを考えるために必要なこ…
  6. 知的財産権講座第3回:中古の家庭用ゲームソフトの著作権
  7. 知的財産権講座第199回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  8. 行政書士は知的財産権の出願手続はできません

最近の記事

PAGE TOP