外国特許弁護士との交流

外国との特許訴訟やライセンス交渉と
なると、土日もありません。

特許関係の仕事は、期限がしっかりと
決まっているものが多いからです。

アメリカの依頼先の特許弁護士からの
メール
にも、
「休日に仕事しているとは、私達はクレージーだね
と書かれていました。

アメリカにも勤勉な特許弁護士はいます。

今度、日本に彼が来た際には、焼鳥で酒を ですね。

外国特許弁護士との交流は、重要です

関連記事

  1. 知的資産経営その36(特許権侵害)
  2. 知的財産権講座第237回:特許調査の目的
  3. あなたが本を出版する際の注意!
  4. 情報はずっと商品だった
  5. 知的財産権講座第113回:歌手やダンサーは著作隣接権を持ちます
  6. 知的財産権講座第190回:著作権法のポイント
  7. 知的資産経営その50(社内人材の育成)
  8. 知的財産権講座第322回:ネット上におけるマナーの問題

最近の記事

PAGE TOP