知財検定の出題傾向分析(1)

知的財産管理技能検定2級の出題傾向分析
をしてみました。

学科試験についてです。

●特許・実案

出題が多い順に、

①特許を受けるための手続

②権利侵害と救済

③権利の発生と消滅および利用

④特許要件

●意匠

保護対象と登録要件だけでOKです。

●商標

出題が多い順に、

①権利の発生と消滅および利用

②保護対象と登録要件

③商標登録を受けるための手続

④権利侵害


●著作権と条約とその他

まんべんなく全体から出願されています。
これらは、合格基準が80%ですから、
苦手科目をつくらず、広く浅く勉強
しなければなりません。

以上は、
知財の実務上も重要な点だと思います。

この分析を元に、出題の多いところから
勉強されるとよいと思います。

関連記事

  1. 知的資産経営第10回:知的資産は、あなたにもあります
  2. この絵は、あの絵にそっくり著作権侵害では?
  3. 知的財産権講座第94回:特許権のライセンス
  4. 知的財産権講座第166回:デザインの保護(意匠)
  5. 著作権は弁理士の仕事じゃないの?
  6. 知的財産権講座第280回:有名絵画の加工は大丈夫ですか?
  7. 若手の女性を特許ウーマンに育てる
  8. 知り合いの独立中小企業診断士から学ぶ(4)

最近の記事

PAGE TOP