知的財産権講座第81回:特許出願を公開する理由

特許出願を公開する理由

 

原則として、出願をしてから1年6カ月を
経過すると、特許出願は公開されます。

特許権が認められたわけではありません。
注意が必要です。

特許権が付与されていない特許出願が
なぜ、公開されるのでしょうか

特許出願されても、特許登録されない出願
の方が多いです。

特許法の目的は、産業の発達です。

他人の公開された特許をみることで、
参考として新たな発明が生まれるかも
しれません。

また、他人の出願内容を見ることで、
重複した研究開発を防げるかも
しれません。

他人の公開された特許出願の調査は
重要です。

関連記事

  1. 知的財産権講座第50回:商標権
  2. 知財活用エキスパートとして紹介されています
  3. 知的財産権講座第103回:特許調査の方法(1)
  4. 知的財産権講座第224回:ビジネスモデル特許とは何か?
  5. 知的財産権講座第171回:行政書士は商標調査も行います
  6. 知的資産経営その46(知財コンサルティング)
  7. 知的財産権講座第260回:著作権の侵害?
  8. 知的財産権講座第127回:特許発明のライセンス契約でのトラブル

最近の記事

PAGE TOP