知的財産権講座第169回:商標調査

商標調査

発売予定の商品名を考えていますが、
こんな名前で商標を取りたいのですが

こんな商品名は商標登録されません

 

新製品を開発しました。
さて商品名を決めましょう。

できれば、商品名を商標として登録しておこう。

他社にその商品名をマネされたくないから。

以前、勤務していた会社でもたまにやっていました。

皆で、集まって商品名と商標を考えます。

いろいろなアイデア、名前が出ます。

ここで商標としてどんなものが登録される
のか知らない人は、例えばこんなもの
が良いと考えます。

「スーパー●○●」、「エクセレント●○●」
品質が良いというイメージをアピールしたい
ということで思い付きます。

これらは、商標登録を受けられない
可能性が高いです。

性能や品質を普通に用いられる方法で表示
しても、他の商標と区別することが
難しいからです。

商標を登録するには特許庁に申請して
審査を受けて許可をもらわなければなりません。

商標出願は、比較的簡単な書類作成でできます。
専門家を通さないで可能です。

しかし、
商標として登録を受けられのか?
他に似たような商標はないのか

出願前に十分に調査をする必要があります。

ここに専門家の出番があります。

登録されない無駄な商標出願をしないように
するためです。

 

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第297回:ネットショップでの知的財産権の保護の問…
  2. 知的財産権講座第21回:知財戦略
  3. 行政書士が知的財産権の仕事ができる
  4. 三国志で学ぶランチェスターの法則
  5. 知的資産経営その48(弁理士や弁護士の選定)
  6. 知的財産権講座第213回:登録商標の使用
  7. 知的財産権講座第281回:スポーツクラブで著作権法違反?
  8. 知的資産経営その5

最近の記事

PAGE TOP