ブログ記事が削除されないために!

どこまでが著作権に違反するのか
ブログを始めたばかりで、よくわからない。

アメブロは著作権違反の規定が厳しいみたい
なので、せっかく記事を作成しても、
消去されるては困る。

自分が読んだ本で、内容に感動しました。
ぜひ内容をブログ記事にして紹介したい。

質問と回答です。

①本の表紙を写真に撮影し、ブログに掲載する
ことは著作権侵害になるのか?

侵害になる可能性が高いので、止めた方が
よいです。

本の表紙に、デザインについて著作権が
発生していることが多いからです。

本の引用に当たる場合は、著作権者に無断で
掲載できます。

しかし、本の内容を紹介するために
本の表紙を載せる「必然性は認められない」
ため引用とは認められないと考えられます。

本の表紙の写真を掲載したいなら、アメブロですと、
アマゾンや楽天の商品の紹介(アフィリエイト)
から本の紹介を掲載すれば問題ありません。

②本の題名と著者の紹介は著作権侵害にならないか?

侵害になりません。
本の題名、著作者の名前は著作物では
無いからです。

短い語句には、創作性が無いと考えられています。

③本の内容を自分の言葉で載せることは大丈夫か?

内容を自分の言葉で表す場合、そのあらすじ
を読むだけで、本の内容全体がわかって
しまうほど詳細であれば、
侵害になる場合があります。

なお本の感想は、もちろんOKです。

記事の削除は、アメブロを運営する企業が
やることですので、絶対ということはありません。

しかし、著作権法の問題について、頭に入れて
おかれた方がよいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

 

関連記事

  1. 私の住んでいる街で、知財業務をやっている人
  2. 知的財産権講座第18回:知財戦略
  3. 知的財産権の保護は、行政書士の仕事です
  4. 知的財産権講座第195回:パクリデザイナーと言われないために
  5. 知的財産権講座第68回:複数の発明でも1つの出願とすることができ…
  6. 知的財産権講座第114回:無断で歌手を撮影した写真の公開は?
  7. 知的財産権講座第85回:知財と条約 パリ条約(1)
  8. 知的財産権講座第90回:知財と条約 特許協力条約(3)

最近の記事

PAGE TOP