知的財産権講座第197回:商標権でビジネスで成功する人

商標権でビジネスを失敗する人、成功する人
その差とは

ビジネスを立ち上げる場合、
ビジネスモデルを決めた後は、
サービス名やロゴを決めることになります。

どうせなら、かっこよいサービス名や
ロゴ名にしよう
と張り切って考えました。

しかし、サービス名やロゴを決める際には、
他人の商標権を侵害しないかを注意する
ことが必要です。

もし他人の商標権を侵害するサービス名やロゴ
にすると、使用できなくなります。

ビジネスを開始した後で、他人に商標権を侵害
していると訴えられたら
ビジネスが立ち行かなってしまいます。

そこで、
サービス名やロゴを決める際には、
すでに商標権が登録されているかどうか
調査をする必要があります。

「特許情報プラットフォーム」という
ウエブサイトで、同じ商標名があるか
を比較的簡単に確認できます。

しかし、商標の場合、類似の範囲も
侵害とされることになります。

自分のサービス名やロゴが、他人の
登録商標と類似しているどうか
判断することは難しいです。

この場合は、専門家に相談することが
必要です。
商標権でビジネスを失敗しないためにも。

関連記事

  1. 知財の仕事の内容は何?
  2. 行政書士の業務別の報酬
  3. 最初から株式会社を設立しようと思う
  4. 知的財産権講座第90回:知財と条約 特許協力条約(3)
  5. 知的財産権講座第289回:著作権の侵害かどうか?
  6. 知的財産権講座第17回:特許協力条約
  7. 知的財産権講座第170回:登録商標の管理の相談
  8. インターネット広告のビジネスモデル特許の活用

最近の記事

PAGE TOP