ブログ記事が削除されないために!(追加)

著作権法での侵害の問題について
ブログ記事が削除されないために!
の追加です。

現在の日本の著作権法では、著作権者
の訴えが要件です。親告罪です。

第三者は、訴えることはできません。

著作権者は、一般の人の著作権侵害まで
を見つけることまではしないと思います。

ただし、ディズニーは違います。
子供が無断で制作したミッキーマウスの像
を破棄させたそうです。

TPPの知的財産権の交渉では、
著作権侵害について、第三者も訴えることが
出来るようにすることが議論されています。

第三者が、このブログの内容は、あの著作権を
侵害している と訴えることができるように
なります。

いずれにしても、著作権を侵害しないように
気にとめておくことが必要だと思います。

関連記事

  1. 知的資産経営第19回:知的資産経営に行政書士は、どのように関与で…
  2. 売れそうも無いでしょうか?
  3. 知的財産権講座第5回:商標出願の注意点!
  4. 知的資産経営第7回:なぜ知財経営が必要なのか?
  5. 副業の論文の添削の仕事
  6. 知的財産権講座第171回:行政書士は商標調査も行います
  7. 知的資産経営その22(知財活用の種類)
  8. 知的財産権講座第293回:侵害品輸入差止申立

最近の記事

PAGE TOP