国際著作権行政書士?!

この名称は聞いたことがありますでしょうか?

私は、日本だけでなく米国での著作権登録も
取り扱えるようにしたいと思います。

◆ちなみに「国際行政書士」という名称は
正式にあります。

入管業務(外国人の方が日本で生活したりする
ための在留資格を取得する申請をするなど)
を行う行政書士です。

日本では、著作権登録は手間もかかるし、時間も
かかる手続きです。

米国の著作権登録制度は簡単で、便利で実務上も
活用されている制度とのことです。

米国での著作権登録は日本からも行うことができます。

米国の著作権登録証は、日本の裁判においても有効な
証拠方法とされています。
判例:ジョイサウンド仮処分事件(東京高決平成九・八・一五)

米国で著作権登録を行うのも著作物の取引の安全性と
争いを防止することから一つの方法です。

簡単な英語力が必要ですが、これも業務の一つにしたい
と考えています。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第217回:著作権の売買
  2. 知的財産権講座第62回:新規性が失われた場合の例外
  3. 知的財産権講座第1回:何のために知的財産権を学ぶのか?
  4. 開発技術者時代の特許調査とは?
  5. 特許調査の報酬は高いです
  6. 知的財産権講座第230回:ホームページに関する著作権の問題
  7. 知的財産権講座第170回:登録商標の管理の相談
  8. 行政書士は知的財産権も業務なの?

最近の記事

PAGE TOP