知的財産権講座第260回:著作権の侵害?

著作権の侵害?

他人の描いたイラストと偶然よく似たものイラスト
ができました。

さて、この場合、著作権の取り扱いは
どうなるのでしょうか?

盗作でしょうか?

この場合、他人の描いたイラストをマネしないで
描いたのであれば、それぞれ別の著作権が発生します。

必ずしも、盗作とすぐに決めつけられません。

盗作であるとされるには、
オリジナル作品を元にして(依拠性)
よく似た作品を制作した(類似性)

この2点が必要です。

この点は、裁判で争われる点です。

パクリデザイナーと言われないために
よく理解しておくべき点です。

関連記事

  1. 知的財産権講座第175回:著作権の登録が必要です!
  2. 知的資産経営第40回:脅威のアジア企業‎に対抗する手段は?
  3. 知的財産権の業務紹介
  4. 知的財産権講座第286回:会社設立には商標の調査も必要です
  5. 知的財産権講座第11回:パリ条約
  6. 知的財産権講座第200回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  7. 知財経営の実践(その8)発明の保護
  8. 知的資産経営第7回:なぜ知財経営が必要なのか?

最近の記事

PAGE TOP