知的財産権講座第260回:著作権の侵害?

著作権の侵害?

他人の描いたイラストと偶然よく似たものイラスト
ができました。

さて、この場合、著作権の取り扱いは
どうなるのでしょうか?

盗作でしょうか?

この場合、他人の描いたイラストをマネしないで
描いたのであれば、それぞれ別の著作権が発生します。

必ずしも、盗作とすぐに決めつけられません。

盗作であるとされるには、
オリジナル作品を元にして(依拠性)
よく似た作品を制作した(類似性)

この2点が必要です。

この点は、裁判で争われる点です。

パクリデザイナーと言われないために
よく理解しておくべき点です。

関連記事

  1. 知的財産権講座第58回:著作権
  2. 知的財産権講座第309回:特許を持っていると儲かりますか?
  3. 知的財産権講座第237回:特許調査の目的
  4. 知的財産権講座第38回:知財戦略
  5. 知的財産権講座第162回:知っておくと役立つ特許の話
  6. 知的財産権講座第102回:著作権の契約書作成
  7. 知的資産経営第1回:行政書士としての知的資産経営支援
  8. 知的資産経営第25回:誰でも知的資産は持っている

最近の記事

PAGE TOP