知的財産権講座第260回:著作権の侵害?

著作権の侵害?

他人の描いたイラストと偶然よく似たものイラスト
ができました。

さて、この場合、著作権の取り扱いは
どうなるのでしょうか?

盗作でしょうか?

この場合、他人の描いたイラストをマネしないで
描いたのであれば、それぞれ別の著作権が発生します。

必ずしも、盗作とすぐに決めつけられません。

盗作であるとされるには、
オリジナル作品を元にして(依拠性)
よく似た作品を制作した(類似性)

この2点が必要です。

この点は、裁判で争われる点です。

パクリデザイナーと言われないために
よく理解しておくべき点です。

関連記事

  1. ブログを画像で飾りましょう!
  2. 知的財産権講座第78回:特許出願の拒絶査定に不服がある場合
  3. 知的財産権講座第195回:パクリデザイナーと言われないために
  4. 知的資産経営その46(知財コンサルティング)
  5. 知的財産権講座第68回:複数の発明でも1つの出願とすることができ…
  6. 知的財産権講座第135回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  7. 知的資産経営第13回:老舗の和菓子屋さんの知的資産
  8. 知的財産権講座第174回:商標管理の相談

最近の記事

PAGE TOP