知的財産権の保護は、行政書士の仕事です

知的財産権の保護を行政書士も行って
いろことが、世の中であまり
知られていません。

知的財産権の保護を、行政書士ができる
ということを世の中に知ってもらう
必要があります。

知的財産権の保護を、行政書士ができる
ということを世の中に知ってもらう、
啓蒙活動を行政書士会が行っています。

行政書士会のホームページで
紹介されています。

知的財産権の保護~行政書士への相談~
http://www.gyosei.or.jp/service/consultation/case-intellectual.html

①著作権分野
・ 著作権登録申請
・ プログラム著作物登録申請
・ 著作権等管理事業登録申請
・ 著作権者不明等の場合の裁定申請

文化庁への登録申請業務は、行政書士の

専管業務となっています。

私も、微力ながら
知的財産権の保護~行政書士への相談~
を紹介していこうと思います。

自分の専門業務の市場規模を拡大する必要が
あると考えているからです。

限られた市場を互いに奪い合うより、
自分の専門業務の市場規模を拡大する
ことで、自分の仕事を増やしていける
と考えています。

関連記事

  1. 知的資産経営その48(弁理士や弁護士の選定)
  2. 著作権は弁理士の仕事じゃないの?
  3. 知的財産権講座第77回:特許出願の拒絶査定が送付された場合
  4. 知的資産経営その4
  5. 知的財産権講座第193回:営業秘密(企業秘密)
  6. 知的財産権講座第206回:外国出願の手続きはどのようなものか?
  7. 知的財産権講座第45回:商標権
  8. 知的財産権講座第74回:特許出願の拒絶理由通知への対応(3)

最近の記事

PAGE TOP