戦う気持ちを持って

知的財産権の仕事をするためには
必要なことは

議論や論争が好きなことが求められます。

 

特許出願から特許権利化、そして特許の
侵害訴訟まで。

技術論争に打ち勝たなければなりません。

法的な論争にも対応しなければなりません。

訴訟やライセンス交渉、契約などを担当
するためには、
知的財産権法を学ぶことは、最低ラインで、
さらに、民法や民事訴訟法なども勉強
しなければなりません。

戦う気持ちを持って、
敢てこれが必要だと、自分を鼓舞しています。

戦うだけでは、もちろんダメです。

「和して同せず」の精神でいきたいと思います。

周囲と和合するも、同化せず。

 

私の出身高校の同窓会の名前は、
「和同会」
です。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第225回:ビジネスモデル特許調査
  2. 最初から株式会社を設立しようと思う
  3. 知り合いの独立中小企業診断士から学ぶ(4)
  4. 知的財産権講座第113回:歌手やダンサーは著作隣接権を持ちます
  5. 知的財産権講座第299回:商標権の侵害への対応
  6. 費用かけず自分で手続きをしたい
  7. 知的財産権講座第259回:知的財産制度を悪用
  8. 知財経営の実践(その4)SWOT分析

最近の記事

PAGE TOP