戦う気持ちを持って

知的財産権の仕事をするためには
必要なことは

議論や論争が好きなことが求められます。

 

特許出願から特許権利化、そして特許の
侵害訴訟まで。

技術論争に打ち勝たなければなりません。

法的な論争にも対応しなければなりません。

訴訟やライセンス交渉、契約などを担当
するためには、
知的財産権法を学ぶことは、最低ラインで、
さらに、民法や民事訴訟法なども勉強
しなければなりません。

戦う気持ちを持って、
敢てこれが必要だと、自分を鼓舞しています。

戦うだけでは、もちろんダメです。

「和して同せず」の精神でいきたいと思います。

周囲と和合するも、同化せず。

 

私の出身高校の同窓会の名前は、
「和同会」
です。

 

関連記事

  1. 著作権の問題、どこに相談したらよいのか?
  2. 知的財産権講座第80回:緊急の特許出願の場合
  3. 知的資産経営その27(意匠権活用戦略)
  4. 付き合わない人を決める
  5. 知的資産経営第35回:知的財産管理とは?
  6. 知的財産権講座第51回:不正競争防止法
  7. 知財コンサルタントになる
  8. 知的財産権講座第245回:著作権登録のメリットは?

最近の記事

PAGE TOP