知的財産権講座第221回:コンピュータプログラムは著作権登録もしましょう

コンピュータプログラムは著作権登録もしましょう

コンピュータプログラムを作成、開発したら
まず発明として特許出願を考えます。

 

しかし、特許として出願すると公開されるので、
第三者に無断で利用されてしますおそれがあります。

 

特許侵害として訴えるためには、第三者が自分の
発明したコンピュータプログラムを無断で
使用していることを証明しなければなりません。

「コンピュータプログラムは、目に見えるもの
ではない」ので、この証明は難しいものです。

そこで、特許出願をしないで、ノウハウとして
保護することも考えるべきです。

また、コンピュータプログラムは著作物です。

プログラムの著作者は、その創作年月日の
登録を受けることができます。

 

この登録により、登録年月日に創作があった
ものと推定されます。

 

このため、創作者が誰かの特定、プログラムの
特定に役立ちます。

また、プログラムが著作権の保護期間かどうか
の争いがある場合にも登録者に有利となります。

ただし、創作後6カ月以内にソフトウエア登録
センターに登録しなければなりません。

発明として特許出願をする場合も、
併せて著作権登録も考えてみましょう

なおソフトウエア登録申請は、行政書士が本人を
代理して行うことができます。

関連記事

  1. 知的資産経営第4回:知的資産経営で事業成長へ
  2. 知的資産経営第8回:「知的資産」と「知的財産」の違い
  3. 今、知っておきたい現代人に必須のスキル
  4. 知的資産経営その46(知財コンサルティング)
  5. スパイ活動?
  6. 専門用語を使ってはいけない
  7. 特許や商標などの手続をできますか?
  8. 知的資産経営第39回:商標(ブランド)ネーミング相談

最近の記事

PAGE TOP