知的資産経営第7回:なぜ知財経営が必要なのか?

なぜ知財経営が必要なのか?

 

知財経営とは、一言でいえば、
「知財によって競争力を確保する経営」

知財というと、とにかく自分の会社の事業のアイデアや
発明を特許出願することが重要と考える。

自分の商品名やブランドを商標出願して商標登録して
守ることを考える。

しかし、特許や商標などで知的財産権で守ることには
、お金がかかる。

特許や商標を取得するためには、手数料や維持費が
かかる。

知財部という部署をつくれば、人権費がかかる。

もし特許や商標を取得できても、それを活用して
事業に利益を生み出している会社は少ない。

特許や商標を取得すること、そして取得した
特許や商標を管理するだけになっている。

知財部門だけで、利益を生み出している会社は
ほとんどない。

せっかく知的財産を持っていても、
これでは、本当にもったいない。

「知財によって競争力を確保する経営」
知財によって利益を生み出すことが必要です。

まさに知財経営が必要です。

私は、知的財産活用プロデューサーとして
知財経営の導入のお手伝いをすることとしたい。

関連記事

  1. 知的財産権講座第14回:パリ条約
  2. 特許や商標などの手続をできますか?
  3. 知的財産権講座第102回:著作権の契約書作成
  4. 知的財産権講座第64回:先に出願されていないことが必要
  5. 知的財産権講座第53回:著作権
  6. 知的財産権講座第88回:知財と条約 特許協力条約(1)
  7. 知的財産権講座第275回:勘違い?著作権は登録が必要
  8. 知的財産権講座第221回:コンピュータプログラムは著作権登録もし…

最近の記事

PAGE TOP