行政書士は知的財産権も業務なの?

行政書士は知的財産権も業務なの?

この前、知り合いから聞かれました?
このように聞いてもらえれば未だ
良いです。

多くの人は、行政書士は知的財産権も
業務なのかについてさえ関心が無い
でしょうから。

知的財産権業務は、行政書士だから
やるというものではないです。

法律で禁止されていない限り、
業務として取り扱い可能です。
弁理士しか、業として行えない
特許出願業務などを除いて。

行政書士が扱える業務という
ことではなく。

知的財産権業務を行う、
その人が行政書士の資格を
持っていました。
で良いでしょう

行政書士は知的財産権も業務なの
と質問してくれた知り合いは、答えました。

「著作権の問題を、この前、弁護士に
相談したけど、今度は行政書士に
相談してみるわ」

ちょっと待ってください
著作権の相談については、次回に
しましょう。

関連記事

  1. 知的財産権講座第214回:著作権の侵害では?
  2. 知的財産権講座第139回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  3. 知的財産権講座第97回:著作権登録
  4. 知財コンサルティングの具体的内容
  5. 知的資産経営その14
  6. 知的資産経営第2回:知的資産経営の導入をお手伝い
  7. 知的資産経営第26回:知財経営と知的資産経営の違い?
  8. 知的財産権講座第80回:緊急の特許出願の場合

最近の記事

PAGE TOP