知的財産権コンサルタントへの道

この中で自分の人生の知的財産権へ関わりを
振り返ってみました。

私は知的財産権に関ってから約30年以上ですね。

・研究開発者時代
・知的財産部門時代
・商品企画部門時代

その間、以下の知財業務のほとんど全てを経験しました。

業務内容は、書ききれないので職務経歴書からざっくりと
抜粋しました。

●知財管理
社内体制、規程、知財システム・管理・検索システム構築

●特許調査
マップ化、先行技術調査、無効調査、文献調査、
技術動向調査、他社権利

●特許出願実務

特許出願、リエゾン(発明発掘)、ソフトウエア特許対応

●特許関連契約

●特許侵害
侵害警告、訴訟、ADR(裁判外紛争解決)

意匠調査・出願・契約

●意匠模倣・侵害

●商標調査・出願・契約

●商標模倣・侵害

●著作権:
著作権管理、著作権契約、著作権侵害警告、
著作権ADR

●不正競争防止法:
ノウハウ付与・導入、営業機密管理、模倣

●独占禁止法

知財会計
価値評価、(税務だけは取り組んでいません)

海外知財支援
外国調査、外国出願、海外模倣・侵害、海外知財契約

知財人材教育・支援
研究開発者向けの教育資料作成、研修の講師

知的財産権というと特許出願がメインと
思われがちですが、知的財産権の業務
は幅広いもので、経験が重要です。

これまでの幅広く深く長い経験を生かしつつ、
知的財産コンサルタントを目指してまだまだ
勉強ですね

 

 

関連記事

  1. ビジネスモデル特許を考えましょう(3)
  2. 知的財産権講座第92回:外国出願をするかどうか?判断
  3. 知的資産経営第34回:自社の秘密が漏れないような管理が重要
  4. 知的財産権講座第270回:コンピュータプログラムは著作権で保護さ…
  5. 著作権登録手続きは行政書士しかできない
  6. 知的財産権講座第140回:商標権・問題編
  7. 外国特許弁護士との交流
  8. 知的財産権講座第3回:中古の家庭用ゲームソフトの著作権

最近の記事

PAGE TOP