知的資産経営第36回:SWOT分析で自分の強みを認識する

SWOT分析で自分の強みを認識する

知的資産経営の導入をお手伝い
知的資産経営について解説します。

神奈川県の老舗の和菓子屋さんを例として
知的資産経営の導入支援について紹介して
いこうと思います。

知的資産経営は、
自分の事業の見えない資産=知的資産
を見出し、経営に生かしていくことです。

そこで、まず
見えない資産=知的資産を見出すことが必要です。

自分の強みを認識することです。

そのための手法として、
SWOT分析(スウォット分析)があります。
日本語で書くと何か変?です。

聴いたことがある方もいるかと思います。

SWOT分析とは、
自社の強み(Strength)と弱み(Weakness)、
機会(Opportunity)と脅威(Threat)、
これらを洗い出すことです。

これらの頭文字を取り、SWOT分析と
言います。

SWOT分析を実際にやってみると、わかりますが、
強みと弱みと、機会と脅威が
ごっちゃになり易い、混同しやすいです。

強みと弱みは企業の内部要因を分析する
ものです。

すなわち我が社はという、主語を付けて
考えられるものです。

機会と脅威は、お客さん、あるいは市場の観点から
考えられるものです。

私も、事業の戦略を立案するさいに
SWOT分析を使いしました。

この手法は、自分自身の分析や
企業する際、個人事業者などの
戦略立案に大いに役立ちます。

まだ、この手法を使われていない方は
利用されることをお薦めします。

SWOT分析は、教科書的なものも
多いので詳細の説明はここでは
しません。

次回は実際のSWOT分析の知的資産経営
への使い方について、ご紹介したいと思います。

中小企業診断士や行政書士などの専門家が
知的資産経営の企業への導入を支援しています。
行政書士としての知的資産経営支援 です。

知財コンサルティングや知財に関するご相談は、
知財法務と技術に関する豊富な実務経験から最善の解決方法をご提案
神奈川県大和市中央林間 行政書士 立花技術法務事務所

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第113回:歌手やダンサーは著作隣接権を持ちます
  2. 知的財産権講座第322回:ネット上におけるマナーの問題
  3. 知的資産経営第40回:脅威のアジア企業‎に対抗する手段は?
  4. 知的資産経営第8回:「知的資産」と「知的財産」の違い
  5. 行政書士が知的財産権の仕事ができる
  6. 知的財産権講座第3回:中古の家庭用ゲームソフトの著作権
  7. 知的財産権講座第127回:特許発明のライセンス契約でのトラブル
  8. 著作権プラス英語で付加価値を!

最近の記事

PAGE TOP