知的財産権講座第289回:著作権の侵害かどうか?

著作権の侵害かどうか?

 

・著作物とは何か?

美術品、絵画、小説、音楽、映画など
は、ふつうに考えて著作物とわかります。

 

著作権法2条1項によれば、
「思想又は感情を創作的に表現したもの
であって、文芸、美術又は音楽の範囲
に属するもの」
と規定されています。

著作物となりうるためには、思想又は感情の表現
「創作性」がなければなりません。

「創作性」というと、作者が独自に考えて
創作したもの、独創性(オリジナリティ)
が必要です。

例えば、デザイナーが、ロゴのデザインを
作成しました。

ネットで調べたら、似たような
デザインがありました。

 

自分は、その似たようなデザインを
見たことがありませんでした。

 

ロゴのデザインの依頼元と何回も
協議しながら、デザインを決めました。

また、一からデザインをやり直すのか?

 

パクリは、まずい
著作権の侵害になる。

 

そのデザイナーは、悩んでしまいます。

 

パクリ(著作権の侵害)かどうかの判断には、

オリジナル作品を元にして(依拠性)
よく似た作品を制作した(類似性)
の2つが必要です。

例えば、
「既存の写真と同じ場所や被写体で撮影された
風景写真や、既存の楽曲の存在を知らずに
偶然それと似たメロディーが登場する楽曲は、
いずれも、別個の著作物と認められる
(「ワン・ナイト・イン・トーキョー事件」
最判昭和53.9.7)

知っておくべき判例です。

たまたま、出来上がったロゴのデザインが
他人のデザインと似ていた場合は、
パクリ(著作権の侵害)ではありません。

もっとも、
最終的には、著作物が似ているか?
盗作かどうか?
は、裁判所の法的判断に委ねることになります。

私は、独創性(オリジナリティ)について、
日本人というか世間の人たちは、
あまりに厳格に考え過ぎていると

知財戦略=知的財産によって競争力を確保、会社を伸ばすための戦略
をお伝えします。

知財コンサルティングや知財に関するご相談は、
知財法務と技術に関する豊富な実務経験から最善の解決方法をご提案
神奈川県大和市中央林間 行政書士 立花技術法務事務所へ

思います。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第291回:知的財産権ライセンス契約書作成
  2. 知的財産権講座第263回:特許法は何のためにあるか?
  3. 知的財産権講座第153回:知っておくと役立つ特許の話
  4. 著作権登録手続きは行政書士しかできない
  5. 知財コンサルタントに求められること?(2)
  6. 知的財産権講座第228回:アニメの著作権フリーがあるのか
  7. 知的財産権講座第324回:ほんとは怖いのか?TPPの「著作権」②…
  8. 知財人材データベースの活用を考える

最近の記事

PAGE TOP