開発技術者時代の特許調査とは?

技術者時代に特許調査というと、
思い出すものがあります。

それは、オレンジ色のゴム製の指サック
指にはめるものです。

指サックを使うと紙をめくるのに、
滑らないので便利です。

特許調査といえば、
特許庁の資料館に、知財部と開発メンバー
が、1日、あるいは何日か出向きました。

ひたすら特許公開広報など紙資料をめくり
先行資料を見つけるという作業です。

この仕事は、気分転換になりました。

今は特許情報が、ネットで簡単に得られるます。
当時は、専用端末で特許情報を入手する
不便な時代でした。

当時は紙資料めくり特許調査は
有効でしたね。
特許調査のノウハウも取得できました。

それと最近、特許庁に行っていませんが、
特許庁の地下のレストランは
まあリーズナブルなランチが
食べられました。

当時は、簡単に特許庁に外部から
入ることができましたね。

関連記事

  1. 知的財産権講座第102回:著作権の契約書作成
  2. 知財関連の補助金の利用を考えてみましょう
  3. 知的資産経営その28(意匠出願)
  4. 知的財産権コンサルタントへの道
  5. 特許庁の審査官との面接
  6. 私の特許調査のメニューと料金
  7. 知的財産権講座第258回:発明の保護のため公証役場を利用
  8. 行政書士は、事務弁護士か?

最近の記事

PAGE TOP