知的財産権講座第268回:ミッキーマウスを通して著作権を学ぶ

ミッキーマウスを通して著作権を学ぶ

 

もしミッキーマウスの著作権法による
保護期間が終わりました

はい、では自由にミッキーマウスの
キャラクタを使おうか

待ってください

 

保護期間切れでも自由に利用は
できません。

 

著作権法以外の法律にも、
注意しないといけません。

 

著作権法では、保護期間がありますが、
商標は、申請し適切に使用している
限り、無限の保護が受けられます。

 

ミッキーマウスは、商標登録を
受けています。

 

勝手にミッキーマウスを使うと
商標権の侵害となります。

 

著作権法では、保護期間が切れても
自由に利用できるわけでは
ありません。

ディズニー社のコンテンツでも「シンデレラ姫」、
「白雪姫」などは、
私が調べた限り、コンテンツを
開放しています。
自由な利用ができると思います。

ディズニー社、ミッキーマウスには、
こだわりがあるようです。

関連記事

  1. 知的財産権講座第70回:会社の従業員等が発明した場合(2)
  2. 知財コンサルタントに求められること?(4)
  3. 特定電子メール法
  4. 知財コンサルティングの具体的内容
  5. 知的財産権講座第248回:中小企業にも特許戦略は必要
  6. インターネット広告のビジネスモデル特許の活用
  7. 知的資産経営その32(商標調査)
  8. 知的財産権講座第170回:登録商標の管理の相談

最近の記事

PAGE TOP