開発技術者の時代を振り返る

開発技術者の時代を振り返りました。

発明を考案して、いよいよ特許出願
に向けて明細書を作成に入ります。

その前に、特許調査を開発技術者
自身で行います。

提案しようと思う発明の先行技術
の調査です。

その当時は、パテントマップ作成を
紙で作成していました。

作成に長い時間がかかりました。

今は、市販のパテントマップ作成
ソフトで、短時間でマップを
作成できますから便利です。

技術者の特許調査が終わった後で、
重要と思われる発明については、
さらに、知的財産部門の特許情報課
に特許調査を依頼します。

特許調査は、良い発明提案をするには
とにかく重要です。

関連記事

  1. 知的財産権講座第202回:誰にでもわかる知的財産権
  2. 知的財産コンサルタントとは何者?
  3. 知的資産経営その22(知財活用の種類)
  4. 知的資産経営第21回:知的財産経営に必要な知識
  5. 知的財産権講座第85回:知財と条約 パリ条約(1)
  6. 知的財産権講座第287回:著作権の調査も行政書士の仕事
  7. 知的財産権講座第192回:著作権法のポイント
  8. 知的資産経営その39(外国特許出願の方法)

最近の記事

PAGE TOP