開発技術者の時代を振り返る

開発技術者の時代を振り返りました。

発明を考案して、いよいよ特許出願
に向けて明細書を作成に入ります。

その前に、特許調査を開発技術者
自身で行います。

提案しようと思う発明の先行技術
の調査です。

その当時は、パテントマップ作成を
紙で作成していました。

作成に長い時間がかかりました。

今は、市販のパテントマップ作成
ソフトで、短時間でマップを
作成できますから便利です。

技術者の特許調査が終わった後で、
重要と思われる発明については、
さらに、知的財産部門の特許情報課
に特許調査を依頼します。

特許調査は、良い発明提案をするには
とにかく重要です。

関連記事

  1. 知的資産経営その42(業種ごとの戦略)
  2. 知的財産権講座第256回:著作権のポイント
  3. 知的財産権講座第107回:座談会の内容の著作者は誰か?
  4. 知的財産権講座第229回:発明の進歩性
  5. 知的財産権講座第23回:特許権侵害
  6. 知的財産権講座第1回:何のために知的財産権を学ぶのか?
  7. 知的資産経営第24回:知的資産経営報告書
  8. 知的財産権講座第283回:知的財産活用の助成金を利用する

最近の記事

PAGE TOP