他人に理解させる努力

難しいことを難しく言うことは、その道の専門家
なら、誰にでもできること。

素人や、専門家でない人を、専門用語を
使ってごまかすことは簡単です。

しかしそれは、本当のプロとは
言えないと思います。

 

本当のプロは、専門分野でも
素人にわかるように説明し
理解を求めるのです。

少しでも、そのように常に努力するものです。

知的財産権、特許についても同じです。
私が特許明細書を作成する際に、
心がけたことは、技術的素人が
読んでもそれなりに理解できるように
でした。

 

特許明細書は、必ずしも技術的な専門家では
ない特許庁の審査官や、ときには裁判官
にも読んでもらう法律文書です。

彼らに理解してもらうことが重要です。

行政書士など「士業」は、クライアントに
業務について、わかりやく説明し理解
をしてもらう努力をしなければ
ならないです。

専門家であろうとする私は、謙虚な姿勢
をとらなければならないと思っています。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第294回:弁理士と行政書士、知的財産権の仕事の違…
  2. 若手の女性を特許ウーマンに育てる
  3. 知的財産権講座第128回:著作権の問題
  4. 知的財産権講座第250回:正しい著作物の引用のやり方
  5. 行政書士は、こんなこともします
  6. 知的財産権講座第86回:知財と条約 パリ条約(2)
  7. 知財経営の実践(その2) 専門家の利用
  8. もうけの花道

最近の記事

PAGE TOP