他人に理解させる努力

難しいことを難しく言うことは、その道の専門家
なら、誰にでもできること。

素人や、専門家でない人を、専門用語を
使ってごまかすことは簡単です。

しかしそれは、本当のプロとは
言えないと思います。

 

本当のプロは、専門分野でも
素人にわかるように説明し
理解を求めるのです。

少しでも、そのように常に努力するものです。

知的財産権、特許についても同じです。
私が特許明細書を作成する際に、
心がけたことは、技術的素人が
読んでもそれなりに理解できるように
でした。

 

特許明細書は、必ずしも技術的な専門家では
ない特許庁の審査官や、ときには裁判官
にも読んでもらう法律文書です。

彼らに理解してもらうことが重要です。

行政書士など「士業」は、クライアントに
業務について、わかりやく説明し理解
をしてもらう努力をしなければ
ならないです。

専門家であろうとする私は、謙虚な姿勢
をとらなければならないと思っています。

 

関連記事

  1. ビジネスモデル特許を考えましょう(3)
  2. 知的資産経営その27(意匠権活用戦略)
  3. 知的資産経営第11回:あなたのは強みは弱みでもある?
  4. 商標登録出願は、いつしたらよいのか?
  5. 知的財産権講座第131回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  6. 知的財産権講座第61回:発明の新規性
  7. 知的財産権講座第304回:ここが危ない!著作権
  8. 著作権と著作者人格権とは?

最近の記事

PAGE TOP