知的財産権講座第3回:中古の家庭用ゲームソフトの著作権

今回は、著作権です。

 

「中古ゲームソフト事件」最高裁平成14年4月25日判決は、重要な判例です。

中古の家庭用ゲームソフトについては、販売に際してゲームソフト会社の
許諾は不要ということです。

一度、ゲームソフトが販売した時に、あなたの持つ著作権は
用い尽くされました(用尽)。

したがって、2度目に販売する時には、あなたは著作権を主張できませんよ。
というものです。

権利の用尽説(もしくは消尽説)といいます。

特許権にも、適用されますので、覚えておかれるとよいでしょう!

関連記事

  1. ランサーズ登録で仕事を受注しました
  2. 行政書士の複業のススメ
  3. 知的財産法Q&A(商標法)
  4. 知財経営の実践(その5) 特許情報
  5. 知的資産経営第11回:あなたのは強みは弱みでもある?
  6. 開発技術者の時代を振り返る
  7. 「知財経営の実践」の記事の連載を始めました
  8. 専門用語を使ってはいけない

最近の記事

PAGE TOP