ビジネスモデル特許

ビジネスモデルを思い付いたら、
また起業の際には、ビジネスモデル特許
の出願も考えてみましょう!

日本では「ビジネス方法」自体は、特許には
ならないとされています。
特許になる発明は、そのビジネス方法を
具体的に実現するためのコンピュータシステム
に関するものと考えておくのが妥当です。

 

例えば、商品の売り上げ予測システムとか
商品の購入量に応じたポイントシステムとか
・・・です。

特許出願⇒特許登録
⇒ロイヤリティで稼げる可能性もあります。

私は、数年前にビジネスモデル特許が
ブームになった時に、特許出願しました。
社内で、どんどんビジネスモデル特許を
出願しようと発明のアイデア出しを
推進しました。
また特許出願の支援を担当しました。

 

現在、ビジネスモデル特許との関わりは、
他社のビジネス動向を調べるため
テーマを決めて、登録特許を定期的に
調査することです

関連記事

  1. 100万円以内の特許情報分析の提供が無料
  2. 特許庁の審査官との面接
  3. 知的財産権講座第70回:会社の従業員等が発明した場合(2)
  4. 知的資産経営第32回:特許調査費用の助成金を利用
  5. 知的資産経営その44(外部専門家から知財の支援を受ける)
  6. 知的資産経営第9回:新規事業のアイデアは簡単には浮かばない
  7. 知的財産権講座第8回:特許と意匠
  8. 知的財産権講座第86回:知財と条約 パリ条約(2)

最近の記事

PAGE TOP