ビジネスモデル特許

ビジネスモデルを思い付いたら、
また起業の際には、ビジネスモデル特許
の出願も考えてみましょう!

日本では「ビジネス方法」自体は、特許には
ならないとされています。
特許になる発明は、そのビジネス方法を
具体的に実現するためのコンピュータシステム
に関するものと考えておくのが妥当です。

 

例えば、商品の売り上げ予測システムとか
商品の購入量に応じたポイントシステムとか
・・・です。

特許出願⇒特許登録
⇒ロイヤリティで稼げる可能性もあります。

私は、数年前にビジネスモデル特許が
ブームになった時に、特許出願しました。
社内で、どんどんビジネスモデル特許を
出願しようと発明のアイデア出しを
推進しました。
また特許出願の支援を担当しました。

 

現在、ビジネスモデル特許との関わりは、
他社のビジネス動向を調べるため
テーマを決めて、登録特許を定期的に
調査することです

関連記事

  1. 知的財産権講座第64回:先に出願されていないことが必要
  2. 知的財産権講座第102回:著作権の契約書作成
  3. 知的財産権講座第319回:行政書士の知的資産関連業務とは
  4. 知的財産権講座第185回:自分の商標が他人の商標に似ているか?
  5. 知的財産権講座第282回:自分の小説や漫画の著作権を取得したい?…
  6. 知的財産権講座第239回:著作隣接権とは?
  7. 知的財産権講座第10回:特許調査
  8. 知的財産権講座第307回:著作権と行政書士

最近の記事

PAGE TOP