知的財産権講座第237回:特許調査の目的

特許調査の目的

 

特許調査は、何のためにするのでしょうか

技術系、特許関連の仕事をされている方は、
御存知かと思います。

それは、「すでに、ある技術だったら特許権利化
できないから、それを調べるため」
ですよね

 

もちろん、正解です。

でも、それだけじゃないです。

これが記述式の出題でしたら、部分点を
与え、100点満点で20点というところ。
以下の②~⑤もあります。

①出願予定の発明が、特許になるかどうか
予測できる。

②自社の事業に影響するかもしれない
他社特許を把握できる。

③自社の事業に関係する技術動向を
把握できる。

④競合他社の企業動向を把握できる。

⑤自分が欲しい技術を見つけることが
できる。

知的財産経営では、知財を経営に生かす。
そのカギは、特許調査です。

特許調査から得られた情報を、経営に、
どう活かしていくか、常に考えていくことです。

その意味で、特許調査を行うことは重要かつ
必要です。

私は、メーカーで、20数年、開発、知的財産部門、
商品企画部門などを経験してきました。

振り返れば、まさに知財を経営に生かす
を実践してきたのでした。

関連記事

  1. 開発技術者時代の特許調査とは?
  2. 知的資産経営その1
  3. 知的財産権講座第130回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  4. 知的財産権講座第29回:著作権の利用
  5. 「知財国際行政書士」になる
  6. 知財コンサルタントに求められること?(1)
  7. 知的財産権講座第70回:会社の従業員等が発明した場合(2)
  8. 知的財産権講座第189回:特許出願しないで発明を保護する方法

最近の記事

PAGE TOP