知的財産権講座第166回:デザインの保護(意匠)

知的財産権の中でのデザインの保護(意匠)

についてシリーズで簡単に解説していきます。

まず、一般の人が勘違いしやすい点について

質問

新しいカメラのデザインをデザイン事務所に
依頼したのですが、そのデザインは著作権
でも保護されますか

デザインだから著作権でも保護される
と思いがちですが、
×誤りです。

この場合は、カメラという物品の外観に
関するデザインですので意匠権で保護されます。

ごく簡単に言えば、カメラのデザインのわかる
図面を書いて特許庁に意匠出願をします。

特許庁で、審査がなされ適切ならば意匠権が
与えらまれます。

あのカメラのデザイン素敵だ
ということで、今度はA社のカメラを買おう
ということもあります。

デザインに付加価値があるものが保護される
という訳です。

意匠権=工業デザインと原則としてイメージ
しておけばよいです。

関連記事

  1. 知的財産権講座第223回:日本人で初めて外国特許を取得した人は?…
  2. 知財経営の実践(その5) 特許情報
  3. 知財検定の出題傾向分析(2)
  4. 知的財産権講座第205回:外国出願の注意点
  5. ブログを画像で飾りましょう!
  6. 知的財産権講座第317回:著作者不明の著作物を利用したい
  7. 知的資産経営第26回:知財経営と知的資産経営の違い?
  8. 開発技術者時代の特許調査とは?

最近の記事

PAGE TOP