知的財産権講座第150回:知っておくと役立つ著作権の話

著作権を取る必要はない、
では著作権に関する登録は何のために
あるのですか

著作権の場合、著作物の創作時に自動的
に権利が発生します。

著作者が権利を守るためにっ著作権の
登録をする必要はありません。

しかし、以下の著作権に関する登録を
することで、著作権者に利益があります。

◆ニックネームなど無名の作者の場合は、
著作者の生きている期間および
公表されてから50年です。

私のブログの記事は、実名で公表して
いませんので、
生きている期間および公表されてから50年が、
著作権の保護期間です。

しかし実名の登録を、文化庁にすれば、
私の死後50年に著作権の保護期間
が伸びます。

ちなみに文化庁への、著作権の実名登録は
行政書士の業務です。

著作権に関する登録は、その目的や効果を
よく検討して、申請をしなければなりません。

文化庁への著作権登録申請業務は、
行政書士の専管業務となっています。

すなわち、行政書士のみが著作者の代理人
として、報酬をもらい申請ができます。

関連記事

  1. 著作権登録手続きは行政書士しかできない
  2. 知的財産権講座第166回:デザインの保護(意匠)
  3. 行政書士の業務に縛られすぎない
  4. 知的資産経営第17回:中小企業が知的資産経営を導入するメリット
  5. 知的財産権講座第263回:特許法は何のためにあるか?
  6. 著作権は弁理士の仕事じゃないの?
  7. 知的財産権講座第130回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  8. 知的財産権講座第13回:パリ条約

最近の記事

PAGE TOP