知的財産権講座第266回:ミッキーマウスを守るために

ッキーマウスを守るために

まずは、ミッキーマウスを通して著作権
について学ぶ

コンテンツは保護してこそ価値が生まれます。

 

著作権を守るためには、違法な利用を監視して
それに対して、素早く排除しなければなりません。

 

ミッキーマウスが、その価値を長期間、維持しているのは、
ウォルト・ディズニー社が徹底したコンテンツ保護対策
を行ってからです。

そんな例を一つ、
関西の小学校の運動会で、校庭に、ミッキーマウスの絵を
描いたところ、ディズニーから文句がきて、消したという
事件がかってあったそうです。

おいおい、そこまでやるのですか

徹底した保護ですね

ディズニーは、密偵を放ち、著作権の侵害を
見張っているのでしょうか

正しくは、ディズニーのお許しを得て
校庭にミッキーマウスの絵を描く
でした。

関連記事

  1. 知的財産権講座第30回:著作権の利用
  2. 知的財産権講座第136回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  3. 知的財産権講座第79回:特許査定とはなにか?
  4. 知的資産経営その36(特許権侵害)
  5. 知的資産経営第29回:特許調査を事業経営に活かす
  6. 知的財産権講座第271回:事実の報道は、著作物ですか
  7. 知的資産経営その50(社内人材の育成)
  8. 知的財産権講座第99回:米国での著作権登録

最近の記事

PAGE TOP