知的財産権講座第266回:ミッキーマウスを守るために

ッキーマウスを守るために

まずは、ミッキーマウスを通して著作権
について学ぶ

コンテンツは保護してこそ価値が生まれます。

 

著作権を守るためには、違法な利用を監視して
それに対して、素早く排除しなければなりません。

 

ミッキーマウスが、その価値を長期間、維持しているのは、
ウォルト・ディズニー社が徹底したコンテンツ保護対策
を行ってからです。

そんな例を一つ、
関西の小学校の運動会で、校庭に、ミッキーマウスの絵を
描いたところ、ディズニーから文句がきて、消したという
事件がかってあったそうです。

おいおい、そこまでやるのですか

徹底した保護ですね

ディズニーは、密偵を放ち、著作権の侵害を
見張っているのでしょうか

正しくは、ディズニーのお許しを得て
校庭にミッキーマウスの絵を描く
でした。

関連記事

  1. 知的財産権講座第217回:著作権の売買
  2. 知的財産権講座第9回:意匠登録の要件
  3. 知的財産権講座第182回:知らないと後でもめる著作権のポイント
  4. 費用かけず自分で手続きをしたい
  5. 知的財産権講座第199回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  6. 知財経営の実践(その2) 専門家の利用
  7. 付き合わない人を決める
  8. 知的財産法Q&A(商標法)

最近の記事

PAGE TOP