知的財産権講座第265回:ミッキーマウスよ、永遠に!

ミッキーマウスよ、永遠に!

 

まずは、ミッキーマウスを通して著作権
について学ぶ。

東京ディズニーシー / Kentaro Ohno

著作権には、保護期間があります。

保護期間は、国によって異なります。

日本では、著作物の創作時から始まり、
著作者の死後50年までです(著作権法51条)。

 

ミッキーマウスの著作権は、保護期間が
切れそうになると、米国で延長されて
きました。

著作権延長法(Sony Bono Term Extension Act)
により延長されてきたのです。

ミッキーマウスは、1928年生まれで、
2040年まで保護期間があります。

また2040年近くになると延長される
かもしれません。

ミッキーマウスよ永遠に

米国にとって、ディズニーなどエンターテインメント
産業は国の柱とも言えるもので、
強く保護していきたいからでしょう

 

米国の著作権法が「ミッキーマウス保護法」
とも言われているとか。

関連記事

  1. 知的財産権講座第66回:特許を受けるために必要な書類
  2. 知的財産権講座第225回:ビジネスモデル特許調査
  3. 知的財産権講座第35回:商標権
  4. 知的財産権講座第130回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  5. 行政書士は、こんなこともします
  6. 知的財産権講座第58回:著作権
  7. 私ができる知的財産保護のお手伝い
  8. 知的財産権講座第302回:植物の品種の保護も行政書士の仕事です

最近の記事

PAGE TOP