知的財産権講座第265回:ミッキーマウスよ、永遠に!

ミッキーマウスよ、永遠に!

 

まずは、ミッキーマウスを通して著作権
について学ぶ。

東京ディズニーシー / Kentaro Ohno

著作権には、保護期間があります。

保護期間は、国によって異なります。

日本では、著作物の創作時から始まり、
著作者の死後50年までです(著作権法51条)。

 

ミッキーマウスの著作権は、保護期間が
切れそうになると、米国で延長されて
きました。

著作権延長法(Sony Bono Term Extension Act)
により延長されてきたのです。

ミッキーマウスは、1928年生まれで、
2040年まで保護期間があります。

また2040年近くになると延長される
かもしれません。

ミッキーマウスよ永遠に

米国にとって、ディズニーなどエンターテインメント
産業は国の柱とも言えるもので、
強く保護していきたいからでしょう

 

米国の著作権法が「ミッキーマウス保護法」
とも言われているとか。

関連記事

  1. 知的財産権講座第189回:特許出願しないで発明を保護する方法
  2. 知的財産権講座第212回:著作権を取りたいとの相談
  3. 開発技術者時代の特許調査とは?
  4. 知的財産権講座第301回:回路配置利用権の登録も行政書士の仕事で…
  5. 知的資産経営第9回:新規事業のアイデアは簡単には浮かばない
  6. 知的財産権講座第294回:弁理士と行政書士、知的財産権の仕事の違…
  7. 知的財産権講座第45回:商標権
  8. 知的財産権講座第1回:何のために知的財産権を学ぶのか?

最近の記事

PAGE TOP