知的財産権講座第265回:ミッキーマウスよ、永遠に!

ミッキーマウスよ、永遠に!

 

まずは、ミッキーマウスを通して著作権
について学ぶ。

東京ディズニーシー / Kentaro Ohno

著作権には、保護期間があります。

保護期間は、国によって異なります。

日本では、著作物の創作時から始まり、
著作者の死後50年までです(著作権法51条)。

 

ミッキーマウスの著作権は、保護期間が
切れそうになると、米国で延長されて
きました。

著作権延長法(Sony Bono Term Extension Act)
により延長されてきたのです。

ミッキーマウスは、1928年生まれで、
2040年まで保護期間があります。

また2040年近くになると延長される
かもしれません。

ミッキーマウスよ永遠に

米国にとって、ディズニーなどエンターテインメント
産業は国の柱とも言えるもので、
強く保護していきたいからでしょう

 

米国の著作権法が「ミッキーマウス保護法」
とも言われているとか。

関連記事

  1. 行政手続オンライン化で行政書士は不要になる?
  2. 私の特許調査のメニューと料金
  3. 知的財産権講座第54回:営業秘密の保護
  4. 知的財産権講座第73回:特許出願の拒絶理由通知への対応(2)
  5. 知的財産権講座第6回:特許要件
  6. 知的財産権講座第22回:特許権侵害
  7. 悪質な「ニセ通販サイト」の被害にあわないために!
  8. 知的財産権講座第157回:知っておくと役立つ特許の話

最近の記事

PAGE TOP