知的財産権講座第189回:特許出願しないで発明を保護する方法

特許出願しないで発明を保護する方法

 

自分のウエブサービスの仕組みや独自の製造技術
などの強みを保護したい。

この場合、特許出願をして特許取得して
これらを保護したいと考えます。

しかし、
特許出願をすれば、出願の内容が公開されて
しまいます。

その内容が、ライバルに知られてしまいます。

無事に、その内容で特許取得ができれば、
保護されますが、確実とは言えません。

そこで、自分の発明などについて特許出願を
せずに、ノウハウとして保護するという
方法があります。

ノウハウの内容について、公のお墨付きを
もらっておくということです。

ノウハウの保護として公証制度を利用する
ことです。

ノウハウの内容について、事実実験公正証書を
作成しておきます。

公証制度については、
公証役場を仕事で利用しました。
をご覧ください。

私は、将来、ノウハウの保護として公証制度の利用
のお手伝いをさせてもらおうと思っています。

関連記事

  1. 特許庁の審査官との面接
  2. 知財経営の実践(その5)特許情報
  3. 知的財産権講座第108回:映画の著作者は誰か
  4. 特定電子メール法
  5. 知的財産権講座第328回:秘密保持契約を結ぶお手伝いをします
  6. 私の目指す知的財産コンサルタントとは?
  7. 知的財産権講座第227回:著作権の注意点
  8. 自分で知的財産権の本を出版するしかない

最近の記事

PAGE TOP